51−60号

第51号(1978年)

英国の医療と人/ 関悌四郎/p329~351

医師としての森鴎外-2-「衛生新篇」/ 伊達一男/p354~367

医療並びに関連サ-ビスの将来計画に関する中間報告(いわゆるド-ソン報告)1920 全訳-1-/ 多田羅浩三/p370~378,図2枚

会告1978年度医学史研究会総会/p51~51

要望課題「大正期前後の医学・医療」について/ 松田武/p51~52

あとがき/ 松田武/p52~52

第52号(1979年)

本邦近代医育史疑--佐藤尚中の登用とドイツ人教師の招聘-1-/ 神谷昭典/p381~385

抗マラリア剤開発小史/ 松山恵子 ; 小川定男/p386~392

けい肺特別保護法施行後の金属鉱業のけい肺結核対策/ 松井勝明 ; 須田和子/p393~403

語りつぐ戦後医療運動 シリーズ 1 先進的な結核予防会での活動/ 岡田久/p24~26

語りつぐ戦後医療運動 シリーズ 1 都立病院労働組合を中心に/ 井上健/p26~33

語りつぐ戦後医療運動 シリーズ 1 戦時下の都立駒込病院/ 中田友也/p33~35

語りつぐ戦後医療運動 シリーズ 1 国立病院労働組合の活動を中心に/ 肥田舜太郎/p35~37

語りつぐ戦後医療運動 シリーズ 1 横須賀軍政下での闘い/ 桐山文志/p37~38

語りつぐ戦後医療運動 シリーズ 1 全日赤の結成から医療民主化協議会まで/ 池内達郎/p38~420

第18回医学史研究会報告抄録/ 水野洋/p421~427

医療並びに関連サ-ビスの将来計画に関する中間報告(いわゆるド-ソン報告)1920全訳(医療並びに関連サ-ビスに関する諮問理事会)/ 多田羅浩三/p428~432

ネイサン・サイナイ教授逝く/ 前田信雄/p53~53

本の紹介と感想/ 中山米造/p54~54

肥後医育記念館について/ 長門谷洋治/p55~55

会報/p55~56

あとがき/ 松田/p56~56

第53号(1980年)

江戸時代の随筆に書かれた狂気について/ 松田方一/p437~445

後藤新平研究-2-地方衛生組織についての基本発想/ 小野寺伸夫/p446~451

後藤新平研究-3-中央衛生組織についての基本発想/ 小野寺伸夫/p451~457

抗マラリア剤の史的展開--クロロキン剤について/ 小川定男 ; 松山恵子/p458~465

マスコミに現われた看護婦像--大正時代の新聞から/ 渡部喜美子/p466~472

小さな「共済」・その歩みと展望/ 五木田和次郎/p473~479,465

福井県農協厚生連の発足/ 竹内駿男/p480~484

第54号(1980年)

マッチ製造における黄燐中毒と救世軍のブ-ス大将/ 松藤元/p465~470

人間医学史序説/ 三木栄/p471~475

スシュルタを通して仏典の1症状を訓む/ 杉本茂春/p476~481

痛みの測定--その指標変化と概括/ 阪本志奈子/p482~492

大正期の看護婦像--婦人雑誌に現われた看護婦/ 遠藤恵美子/p492~499

加野太郎先生の業績/ 首藤友彦/p500~511

国崎定洞の遺児タツコ・レ-トリッヒを迎えて/ 川上武/p512~515

緒方八重の渡辺御老母・卯三郎宛の手紙/p52~53

「おかた隠居」より「渡なべ御老母様卯三郎様」あて手紙について/ 神谷昭典/p517~519

公文書からみた緒方八重書簡について/ 松田武/p520~522,515

本の紹介 H.L Coulter:Divided Legacy a Hisfory of the Schism in medical thonght / 中川米造/p59~60

本の紹介 中野操編著『錦絵医学民俗志』/ 長門谷洋治/p60~60

会報 医学史研究会第20回総会シンポジウム要望課題趣旨/p61~63

第55号(1981年)

戦前の精神科病院における死亡率/ 岡田靖雄/p529~535

戦時下における医学的虐待とその背景/ 永田洋子/p536~543

19世紀英国における環境制御/ 野島直子/p544~546

医学史研究と医療人類学(医療人類学的概説) / 池田光穂/534~555

「雍州府志」にみる17世紀の成薬/ 宗田一/p556~561

仏典にみえる歯の健康観/ 杉本茂春/p34~37

再説・労研饅頭と木戸幸一日記にあらわれた労研/ 三浦豊彦/p15~15

本の紹介と感想 外国雑誌論文紹介/ 佐藤純一/p38~40

本の紹介と感想 神谷昭典著「日本近代医学のあけぼの」/ 宗田一/p40~41

本の紹介と感想 三浦三郎著「くすりの民俗学」/ 宗田一/p41~41

本の紹介と感想 藤野恒三郎著「微生物学の一里塚」/ 宗田一/p41~41

本の紹介と感想 阿知波・三木著「人類医学年表」/ 長門谷洋一/p41~42

本の紹介と感想 日本柔道整復師会編「日本整骨全集」/ 長門谷洋一/p44~45

本の紹介と感想 岡田靖雄「私説松沢病院史」/ 松田方一/p42~44

会報/p47~47

あとがき/ 松田武/p52~52

第56号(1982年)

「中国医学史」(陳邦賢著)と『支那中世医学史』(廖温仁著)とのかかわりあい--「医事制度」の章について/ 山本徳子/p529~540

適塾門弟調査から「藤井秀達」をめぐって--医師の社会的地位の変遷-2-/ 今村雄一/p541~552

後藤新平研究-4-/ 小野寺伸夫/p553~663

治療儀礼の研究--仏教寺院の事例から/ 池田光穂/p664~674

本の紹介と批評 外国雑誌論文紹介/ 佐藤純一/p47~53

会報/p53~54

追悼 大矢全節先生、阿知波五郎先生/ 長門谷洋治/p56~56

公文書にあらわれる明治初年の医事関係史料--「太政類典」を中心に/ 松田武/p696~685

第57号(1983年)

加藤普佐次郎の歩み--そのキリスト教活動,精神病者作業療法,医療生協運動/ 藤森岳夫/p697~714

明治初期の英米型医学採用地方公立医学校の実例--堺県医学校補遺/ 宗田一/p715~724

大日本医師会の成立と北里柴三郎/ 青柳精一/p725~728,714

医学研究史の情報論的アプロ-チ/ 馬庭百合子/p729~738

草間良男先生聞き書き/ 佐々木直亮/p739~744

公文書にあらわれる明治初年の医事関係史料/ 松田武/p752~746

第23回総会開催通知および要望課題について/p49~49

第58号(1984年)

精神科医斎藤茂吉とその作歌活動/ 松田方一/p753~759

工場法側面史・社会主義と労働衛生--窪川忠吉「工業衛生学」からの発想/ 橋本重遠/p760~772

陸軍病院における病理試験と検査技術者/ 青山いわを/p773~776

梅毒の起源について/ 杉本茂春/p25~25

わが国最初のコレラ情報入手をめぐって/ 宗田一/p778~782

エイクマン先生伝/ ハルム@@ボイケルス ; 石田純郎/p783~787

痛み概念史-1-痛み因果説衰退の傾向に関する一考察/ 阪本志奈子/p788~798

公文書にあらわれたる明治初年の医事関係資料-3-/ 松田武/p810~805

本の紹介と感想/ 松田方一 ; 丸山博 ; 佐藤純一 ; 長門谷洋治/p47~51

近刊書リスト/p30~30,46~46

第24回医学史研究会総会開催について/p52~52

第59号(1985年)

大正期の労働衛生と産業医/ 三浦豊彦/p811~816,837

「衛生新編」2版,4版,5版の「結核」の項目について/ 小松良夫/p817~822,837

「朝鮮の農村衛生」と「土幕民の生活・衛生」--朝鮮における学生による農村・都市住民の衛生学的調査報告について/ 田中正四/p823~827

適塾門弟調査から「藤井秀達」をめぐって--医師の社会的地位の変遷-3-/ 今村雄一/p828~829

19世紀に日本眼科学に与えたオランダ医学の影響/ H.E.@@ヘンケス ; 石田純郎/p830~833

本の紹介と批評 曽田長宗:社会医学のはるかな道/ 丸山博/p24~24

本の紹介と批評 結核予防会:療養者のつづる日本の肺病/ 小松良夫/p24~25

本の紹介と批評 砂原茂一・上田敏:ある病気の運命/ 小松良夫/p25~26

本の紹介と批評 杉本茂春:歯と顔の文化人類学/ 是成太一/p26~26

外国雑誌論文紹介 Cora B.Marrett:女医会の発展について/ 長門谷洋治/p26~27

追悼 中野操先生、三井駿一先生/ 長門谷洋治 ; 丸山博/p28~29

会報/p29~30

公文書にあらわれる明治初年の医事関係史料-4-(資料)/ 松田武/p848~841

第60号(1986年)

精神医学史の比較研究-1-/ 松田方一/p849~858

第2次大戦中仙台地方に多発せる内科疾患/ 山形敞一/p859~864

薬学者J.F.エイキマンの東京における業績について--近代日本の薬学研究および植物化学開拓の恩人/ 安江政一/p865~873

B.W.McCreadyとその労働衛生に関する論文/ 松藤元/p874~878

後藤新平研究-5-/ 小野寺伸夫/p880~884

民俗芸能資料にみる医師の実像/ 木下久雄/p885~886

兵庫県立神戸医学校・同薬学校資料-1-(資料)/ 宗田一/p887~892

あとがき/ 松田武/p892~892